不動産買取を行うメリットとは?仲介と比較して解説します!

query_builder 2022/11/10
不動産売却豆知識
不動産買取を行うメリットとは?仲介と比較して解説します!_main


不動産を売却したいと考えた際、方法として候補に挙がるのが不動産買取と仲介ではないでしょうか。

しかし、初めて不動産を売却する方にとって、どちらを選択すべきかの判断は難しいですよね。
そこで今回は、不動産買取と仲介の違いについてと、不動産買取を選ぶメリットを紹介します。


□不動産買取と仲介の違いについて


不動産買取と仲介の違いとして、主に5つの点に違いが出るとされています。

・買い手
・取引価格
・仲介手数料
・売却にかかる期間
・売却の事実が周囲に知られるか

まず違いとして、仲介は個人に買い取られるのに対し、不動産買取では買取業者に買い取られます。
取引価格は仲介は市場価格になるケースが多い一方で、買取での売却はそこから2割から3割程度安くなるケースが一般的です。

ただし、不動産買取の場合は仲介時にかかる仲介手数料がかからず、売却期間も1週間から1か月程度で済みます。
仲介時にかかる平均的な期間は3か月で、不動産に買い手がつかない場合には、さらに期間が延びる可能性があります。

また、不動産買取を行うと、不動産を売却した事実が周囲に漏れにくいという特徴もあります。

□不動産買取のメリットについて


不動産買取と仲介という2つの選択肢がある中で、不動産買取を選ぶメリットとは何なのでしょうか。
4つメリットを紹介します。

1つ目は、すぐに現金化できることです。
不動産会社が不動産を買い取るため、仲介よりも早く現金化できます。
また売却時の手続きも、不動産会社が相手のため簡略化できます。

2つ目は、内覧が必要ないことです。
仲介を利用する場合は不特定多数の購入希望者による内覧を受け入れなければなりませんが、不動産買取の場合は、売却価格を決めるために不動産会社が訪問調査に来るだけです。

3つ目は、仲介手数料がかからないことです。
直接不動産会社に買い取ってもらう形式の不動産買取は、仲介手数料を用意する必要がありません。
不動産買取で買取価格が安くなってしまった場合も、仲介手数料がかからない分、コストが相殺されるケースもあります。

4つ目は、査定額が買取価格になることです。
仲介の場合は実際いくらで売れるのかは売れるまで分かりませんが、不動産買取の場合は査定額がそのまま買取金額になるため、資金計画が立てやすいです。

□まとめ


今回は、不動産買取と仲介の違いについてと、不動産買取を選ぶメリットを紹介しました。
不動産買取の仲介との違いや、メリットがお分かりいただけたかと思います。
もしこの記事に関して何か分からないことや、不動産買取に関して相談したいことのある方は、お気軽に当社までご相談ください。


記事検索

NEW

  • 不動産売却で起こるトラブルとは?予防するポイントについてもご紹介します!

    query_builder 2022/11/29
  • Coming Soon 小川町腰越に まもなくオープン    ≪イエステーション小川店≫

    query_builder 2022/11/27
  • 不動産売却にも税金はかかる?住民税についてご紹介します!

    query_builder 2022/11/26
  • 不動産売却をお考えの方へ!任意売却と競売の違いについてご紹介します!

    query_builder 2022/11/22
  • ≪物件情報≫ 埼玉中央~北部シリーズ 寄居町用土

    query_builder 2022/11/19

CATEGORY

ARCHIVE