不動産売却をお考えの方へ!任意売却と競売の違いについてご紹介します!

query_builder 2022/11/22
不動産売却豆知識
任意売却と競売の違い

不動産を購入する際に、多くの人が利用するのが住宅ローンです。
しかし住宅ローンの返済期間は長く、途中で滞納してしまう場合もあります。
住宅ローンを返済できなくなった場合に、任意売却と競売という方法で不動産を売却し、ローンを返済できます。
そこで今回は、任意売却と競売の違いについて解説します。


□任意売却と競売の違いとは?


任意売却と競売はどちらも、住宅ローンを返済できなくなった場合に、債権者に返済するために不動産を売却する方法です。

しかし、売却過程や方法に異なる点が多く、それぞれの特徴を理解する必要があります。
ここでは、競売と任意売却の違いについて解説します。

競売は、裁判所を通して強制的に不動産を売却します。
強制的に売却するため、所有者の意思は反映されません。
そのため、引っ越し日は選べず、所有権移転後は不法占拠となるので自宅に住み続けられなくなります。

また、市場価格の7割前後で売却されることが多く、不動産を売却しても借入金が残る可能性もあります。

一方で、任意売却は、債権者の許可を得て、当事者同士の意思で売買契約を締結します。
通常の不動産売却と方法が同じであるため、引っ越し日から売却価格まで買主と協議して決められます。

また、自由に売却活動できるので、市場価格に近い価格で売却も可能です。


□任意売却が合っているケースとは?


競売は任意売却よりもメリットが少ないように感じられます。
なぜなら、競売は住宅ローン返済の最終手段であるからです。

住宅ローンを滞納していると、債権者である金融機関が催告や督促状を送付します。
それでも支払いがない場合、競売手続きの準備を始めます。
そのため、金融機関が競売手続きを始める前までに、任意売却の意思を伝えなければなりません。

次のケースに当てはまる場合は、期間内に任意売却の手続きをおすすめします。

*無収入になってしまった



短期間収入なしの予定ならまだローンを支払える余地があるのですが、病気で働けなくなってしまった場合は、収入の目途がつきません。
長期間ローンを滞納してしまうと、金融機関が競売手続きを始めてしまいます。
競売を避けるために、早めに不動産売却を決断することも大事です。

*不動産以外の財産を処分したくない



不動産は高額な財産ですが、それ以上に大切な財産がある方もいらっしゃると思います。
物を売ってローン返済に充てる方法もありますが、大切な財産を手放したくない方は、任意売却をおすすめします。



□まとめ


今回は、任意売却と競売の違いについて解説しました。
同じ不動産売却でも、任意売却のほうがメリットがあるので、競売を申し立てられる前に任意売却を決断することも大事です。
当社は、たくさんの経験と知識から、不動産売却のお悩みを解決します。
ぜひお気軽にご連絡ください。


記事検索

NEW

  • 不動産売却で起こるトラブルとは?予防するポイントについてもご紹介します!

    query_builder 2022/11/29
  • Coming Soon 小川町腰越に まもなくオープン    ≪イエステーション小川店≫

    query_builder 2022/11/27
  • 不動産売却にも税金はかかる?住民税についてご紹介します!

    query_builder 2022/11/26
  • 不動産売却をお考えの方へ!任意売却と競売の違いについてご紹介します!

    query_builder 2022/11/22
  • ≪物件情報≫ 埼玉中央~北部シリーズ 寄居町用土

    query_builder 2022/11/19

CATEGORY

ARCHIVE