不動産買取融資を活用して成功させる!事業者向け資金調達の基礎知識

query_builder 2024/07/03
不動産購入豆知識
不動産買取融資を活用して成功させる!事業者向け資金調達の基礎知識

融資を活用して事業拡大を目指したい、起業家精神旺盛な不動産買取事業者のあなたへ。
事業の成長には資金が必要不可欠です。
特に、不動産事業においては、物件の仕入れやリフォームなどに多額の資金が必要となるケースが多く、資金調達の方法が事業の成功を左右するといっても過言ではありません。

この記事では、不動産事業者にとって強力な資金調達手段となる「買取再販融資」について解説します。




□買取再販融資とは?不動産買取事業者に解説!



買取再販融資は、中古住宅を買い取ってリフォーム後に再販する不動産事業者向けの融資商品です。
中古住宅の仕入資金やリフォーム費用などをまとめて資金調達でき、事業拡大の強力な武器となります。

1:仕組み
買取再販融資は、金融機関が不動産事業者に、中古住宅の購入資金とリフォーム費用をまとめて融資する仕組みです。
融資の対象となるのは、中古住宅の仕入れやリフォームなど、事業活動に必要な資金です。

2:特徴
買取再販融資の大きな特徴は、以下の2点です。

まずは金利が低いことです。
一般的な不動産担保ローンと比較して、金利が低めに設定されていることが多いです。
次に資金調達しやすいことです。
中古住宅を担保にすることで、融資を受けるハードルが低くなります。



□買取再販融資のメリット・デメリット



買取再販融資は資金調達の選択肢を広げる有効な手段ですが、利用する前にしっかりとメリット・デメリットを理解しておく必要があります。

1:メリット

・資金調達しやすい
一般的な不動産担保ローンよりも、融資審査が通りやすい傾向にあります。

・金利が低い
一般的な不動産担保ローンと比較して、金利が低く抑えられます。

・資金調達期間が短い
融資実行までの期間が短縮できるケースがあります。

・資金使途が広い
中古住宅の購入、リフォーム、広告宣伝費など、事業活動に必要な資金に幅広く利用できます。

2:デメリット

・利用できる事業者に制限がある
開業から1年未満の事業者や、過去に債務不履行歴のある事業者は、利用できないケースがあります。

・融資が実行されるまでに時間がかかる
融資審査に時間がかかる場合があり、物件の売却時期が迫っている場合は、間に合わない可能性があります。

・担保設定の手続きが複雑
中古住宅を担保にするため、担保設定の手続きが複雑になる場合があります。

・資金使途が限定されている場合がある
融資を受ける際に、資金使途が限定されている場合があります。

・返済期間が短い場合がある
一般的な不動産担保ローンと比較して、返済期間が短く設定されている場合があります。

・手数料が高い場合がある
融資手数料や担保設定手数料などが発生する場合があります。
買取再販融資は、メリットとデメリットを比較検討して、自社の事業状況に最適な資金調達方法かどうか判断することが大切です。



□まとめ



買取再販融資は、資金調達を有利に進めたい不動産事業者にとって有効な手段となります。
金利が低く、資金調達しやすいというメリットがありますが、利用できる事業者や物件に制限がある、融資が実行されるまでに時間がかかるなどのデメリットも存在します。
買取再販融資を利用する際は、メリットとデメリットを理解し、自社の事業状況に合った適切な活用方法を検討することが重要です。

記事検索

NEW

  • 不動産売却で確定申告しないとどうなる?知らないと損するペナルティを解説

    query_builder 2024/07/15
  • 不動産売却はどこがいい?大手と地元の不動産会社のメリット・デメリットを比較

    query_builder 2024/07/11
  • ≪物件情報≫ 吉見町北吉見 小川町店情報

    query_builder 2024/07/08
  • 知っておきたい!不動産買取における借地権付き建物の売却方法と流れ

    query_builder 2024/07/07
  • 不動産買取融資を活用して成功させる!事業者向け資金調達の基礎知識

    query_builder 2024/07/03

CATEGORY

ARCHIVE