家の売却でやってはいけないことをご紹介!

query_builder 2023/12/03
不動産売却豆知識
家の売却でやってはいけないことをご紹介!


家の売却は多くの人にとって大きな取引の1つだと思います。
円滑な取引を進めるために、やってはいけないことと、逆にやっておくべきことがあります。
本記事では、それらをご紹介します。
売却を検討されている方は、本記事を参考にしてください。



□家の売却でやってはいけないこと


家の売却では以下のような事はやらないようにしましょう。

*事前に相場を調べない


家を売却する際、市場の相場を事前に調べることは非常に重要です。
相場を把握していないと、不動産会社の提示する査定額が適正かどうかを判断できません。
相場を知らないと、適正な価格での売却が難しくなり、不動産会社との交渉で有利な立場を保てなくなるリスクが高まります。
相場を調べておくことで、適切な価格設定と有利な交渉が可能になります。

*必要な費用・税金を調べない


家を売却する際には、仲介手数料、印紙税、登記費用、譲与所得税など様々な費用が発生します。
これらの費用を事前に調べておかないと、売却後の実際の手取り額が予想よりも低くなってしまうことがあります。
売却に際しては、これらの費用を事前に把握し、正確な財務計画を立てることが重要です。

*売買契約書の内容を確認しない


不動産の売却では、売買契約書の内容をしっかり確認することが不可欠です。
契約書の内容を事前に理解していないと、後になって不利な条件や予期せぬ問題に直面することがあります。
また、契約後に売主の都合で契約を変更またはキャンセルする場合、違約金が発生する可能性があるため、契約書の内容は慎重に確認する必要があります。

□売却前にやるべきこと!


家の売却を検討されている方は以下の事をやっておきましょう。

1:ホームインスペクション(住宅診断)を受ける

ホームインスペクションは、不動産売却前の重要なステップです。
この住宅診断を行うことで、物件の状態が良好であることを証明でき、買主に安心感を与えられます。
また、不具合がある場合は、修繕の必要性を事前に把握し、適切な価格設定が可能になります。
診断費用は発生しますが、物件の信頼度と売主の信頼度の向上につながり、売却成功に大きく寄与します。

2:早く売りたいなら不動産買取業者を利用する

早急に不動産を売却したい場合、不動産買取業者の利用が効果的です。
これらの業者は、一般の市場で売却が難しい物件でも適正な価格で買い取ってくれるため、迅速な売却が可能になります。

3:隣地との境界線を明確にする

売却前に隣地との境界線を明確にしておくことも重要です。
境界線が不明瞭な物件は、買手を見つけるのが難しくなります。
境界線の明確化は、土地家屋調査士や測量士による調査で行え、これにより売却の際のトラブルを未然に防げます。

4:相続登記を済ませておく

相続した不動産を売却する際は、事前に相続登記を完了させることが不可欠です。
相続登記が済んでいないと、法的に買主への名義変更ができないため、売却プロセスが停滞します。
相続登記の手続きには時間がかかることもあり、早めに行動することが推奨されます。

□まとめ


本記事では、家の売却における重要なポイントを解説しました。
今回解説したように、家を売却するうえで重要なことを怠ると売却しようと思ってもできなかったり、不利益を被ったりする可能性があります。
売却を検討されている方は、まず本記事を参考にしていただければ幸いです。


記事検索

NEW

  • 絶縁家族との相続トラブルにおける手続きのポイントや解決策

    query_builder 2024/03/04
  • イエステーションが「そのまま買取ります!」

    query_builder 2024/03/02
  • 実家の未来をデザインする!空き家問題の解決と賢い活用法

    query_builder 2024/02/21
  • 相続手続きをしなかったらどうなる?放置するリスクと対策の全貌

    query_builder 2024/02/19
  • 共同名義のまま離婚するときの注意点とは?不動産の売却から税金まで

    query_builder 2024/02/16

CATEGORY

ARCHIVE